土佐 矢筈山

0

    2020年5月24日、Kさんと久しぶりに矢筈に登る。自宅を7時に出てアリラン峠駐車場に車を止め、9時に出発する。山は鹿の食害で1400m辺りまでの笹は哀れな姿だった、そこから上は食べられた様子もなく従来のままだが、コメツツジがかなり枯れていた。これも鹿の害だろうか。

     

    Kさんに遅れること10分の10時10分に頂上についた。

     

    今日の目的は頂上のミツバツツジと新緑の景色である。頂上からの眺めは、東に牛の背 天狗 三嶺から剣、西に小檜曽への大きな尾根、北に寒峰から烏帽子 矢筈の山並み、そして南西の梶ケ森など思いの外遠くまで見え、よかった。

    10時20分に頂上を出て11時5分駐車場に着く、約2時間の慌ただしいハイキングだった。

     


    三辻山

    0

      2020年5月17日、一作日から緊急事態宣言が解除されたが、他県への往来やイベントは自粛継続である。8時30分駐車場を出て三辻山へ向かう、若葉が茂る初夏の山を歩く。

       

      9時15分頂上に着く、雲が多く遠くの山並みは見えなかった。

       

      10時に車まで降りてきた。今日は登山者が多い、三辻山往復の間に駐車場は満車で道路横にも沢山の車が止められていた。三辻山登山道では一人しか会わなかったので皆工石山へ行ったようだ。

       

      一人で1時間半の散歩を終えて昨日から始まった孫のサッカー練習を見に行く。

      すべての窓を開けて、久しぶりの練習は活気があふれていた。


      鷲尾山

      0

        2020年5月10日雨の日曜日、深谷町の公園に車を置き14時に鷲尾山へ向かう。

         

        登山道を走るバイクと自転車への注意警告看板がやたらにある。我々チャリ登山トリオは2017年7月23日に南嶺の東末端から烏帽子山まで自転車を担いで縦走した経験がある。その折にはこのような看板は立っていなかった。また一度も自転車には乗らず、担いで押しての連続だった。見かけたことはないが最近は登山道をオフロードバイクが走っているようだ。雪光山にも同様の看板があり、自転車登山は遠慮している。基本として登山者のいない山を主として登山者優先で自転車登山をしているが、自転車を持って登山する我々も肩身が狭い。

         

        14時55分頂上に着く。

        15時35分駐車場へ降りてきた。

        雨の鷲尾山、山の中で一人だけすれ違う、静かな1時間35分の散歩だった。


        工石山 アケボノツツジ

        0

          2020年4月26日、妻の友人と三人で午前中の散歩にと工石山のアケボノツツジ見物に出かけた。コロナ感染で人と接しない道を選び城の部落上の林道から登る。

           

          この登山道にはエイザンスミレが数多く見られた。

           

          山小屋からふるさと林道を越えて賽の河原へと向かう。

           

          賽の河原から南回りの道を引き返してアケボノ咲く南尾根を辿って赤良木公園に出た。

           

          公園で休憩をとって北回りコースから頂上へ向かった。

          北の頂上近くに咲いていたタムシバとアケボノツツジ。

           

          頂上のアケボノツツジは少し早かった。

           

          頂上は15名程の登山者が休憩していたのでマスクをつけて2m離れて横向いて挨拶を交わす。オカシナことだがしかたがない。

           

          シャクナゲの道を賽の河原まで下り、そこからは来た道をのんびり帰る。

          登山口8時30分出発〜赤良木公園10時着.10時30分発〜頂上11時〜登山口12時50分

          帰りに今年のシャクナゲはどうだろうと蕾を探したが残念ながらどの木もなかった。

           

           


          国見山(雪光山) アケボノツツジ

          0

            2020年4月11日、雪光山へ柿ノ又から登る。

             

            9時に出て10時40分に頂上につく。

             

            北面にアケボノツツジが咲いていた。

             

            頂上近くは適度に雑木が刈払われていて、手箱山.筒上山.石鎚山.瓶ケ森から寒風山など四国山地の山並みがすべて見える眺望があった。

             

            高知市から太平洋

            アケボノツツジと展望をしばらく楽しんで13時に柿ノ又へ降りてきた。今日は雪光山にアケボノツツジがあることを知らずに運動にと妻とやってきた。咲き始めたたくさんのアケボノツツジに出会い、思いがけない花の山を楽しめてとてもよかった。


            工石山

            0

              2020年3月29日、晴れ風強し、関東では平地でも積雪とのことだ。

              新型コロナウイルス感染で「密閉空間、密集場所、密接場所」を避けて外出しましょう、とのチラシが首相官邸.厚生労働省から出されている。家にコモッているのは嫌なので、公報に素直に従って工石山へハイキングにやってきた。

               

              10時20分に登り始めた。植林の登山道

               

              竹藪の登山道

               

              11時30分頂上着

               

              北の景色は雲の中であまり見えなかったが、南は太平洋までよく見える。

               

              頂上のアケボノツツジは沢山蕾をつけていた。

               

              こちらの蕾は?ツツジ

               

              シャクナゲの道に下り蕾を探したがみあたらない、いつもよく咲く風の谷の木にも蕾を見つけることが出来なかった。昨年にぎやかに咲いたシャクナゲは今年は不作のようだ。

               

              自然林の登山道

              13時10分下山。

               

              重倉川沿いの山桜が満開だった。

               

              帰りはいつものように、高須浄化センターGで行われているエストレーラスの練習を見る。

              新型コロナウイルス感染は全世界を恐怖に陥れる勢いだ。高知県でも14人が感染している。

               

               


              工石山と中止の日曜市

              0

                2020年3月8日、1月2月も登りは下着と登山シャツ2枚か上にウインドブレーカーを着るくらいだったが、今朝の風が唸る工石山は薄手のセーターを加えてウインドブレーカーを羽織った。

                 

                10時に出発して11時10分に頂上に着く、寒いのですぐ下山にかかった。

                 

                頂上のアケボノツツジやミツバツツジが芽吹いていた。

                 

                昼から大手筋はどんな様子なのだろうと自転車を走らせてみた。閑散としたグリーンロード、台風でも大雨でも出店していた日曜市が新型コロナウイルスで中止になった。

                 

                高知城は閉鎖されていて観光客がいない、聞くところによると3月6日〜19日まで閉館だとのこと。

                道路北側の校舎に祝.バトミントン.卓球.囲碁選抜出場の垂れ幕が下がっていたが、これも新型コロナウイルスで競技が中止とか延期になったようだ。早期の終息を祈る。


                城(ジョウ)から工石山

                0

                  2020年3月1日、高知市に新型コロナウイルスに感染されてしまった方がでた。学校が休校になりコンサートや公演など多くが中止となっている。登山の世界でも集団で行く例会山行の中止案内があった。人が集まる行為は控え、人が集まる場所には行かないとの事だがどうなるのでしょうか?そんなことなので人が少ない場所にと、妻と城540mから工石山へ登りにやってきた。県道16号線の城部落入口近くに車を止め、9時20分に出発した。歩き始めてすこし寄り道をして9時30分に城の部落を通過、10時に上の林道に出る。林道には猪の檻が仕掛けられていた。

                   

                   林道から遠くに妙体岩が見えている。

                   

                  南面の山腹を巻きながら徐々に高度を上げて行く登山道を進み10時30分に山小屋へ着く、小屋横で少し休憩してふるさと林道を辿って妙体岩からの登山道に入る。

                   

                  ヤブツバキと妙体岩

                   

                  11時40分妙体岩登り口から約45分で頂上につく。天気はあまり良くないが周りの景色はそこそこ楽しめた。

                  12時に頂上を出て13時30分城へ下山、今日も誰にも会わない工石山だった。

                   

                  新型コロナウイルスに尾ひれがついて世の中おかしくなってきている。「ウイルスに負けない元気な体ならばあまり心配ないのでは?」などと気軽なことを言えない世の中。肺癌切除の呼吸器障害者でリュウマチで免疫抑制剤を常用して加えるに高血圧で血圧の薬を飲み続け、高齢者に分類されているシニア登山者の私、新型コロナウイルスに感染すると重症化する可能性が高いそうだ。

                  さらに新型コロナウイルスは生活環境や仕事の環境にも影響を与え、不安要素を増殖させている。

                  不安と心配に焦りさえ覚えるが、身体の事や仕事のこと全てベストを尽くして天命を待つしかない。

                   

                  山はこれからミツバツツジやアケボノツツジ.タムシバなどの花が咲き、イタドリやワサビ.ウドなどの山菜が楽しい季節だ。しばらく穏やかな春山へかようことにしよう。

                   

                  自然の贈り物を少し摘んで漬けてみた。

                   


                  烏帽子山から鷲尾山

                  0

                    2020年2月23日、午前中はふれあい広場三里でエストレーラスU9の練習試合を観戦した。 

                     

                    観戦ばかりでは運動不足になるので、昼から烏帽子山から鷲尾山のハイキングに行くことにした。

                    おおなろ園の登山口を14時15分に出発する。

                     

                    尾根に出ると南の視界がひらけ、春野から横波半島が望めた。

                     

                    南面すぐ近くに車道があるが、山道を進む。

                     

                    鉄塔脇を通り14時45分烏帽子山頂上に着く。

                     

                    烏帽子山頂上から30分で鷲尾山山頂に到着、一口水を飲んで折り返し烏帽子山へ引き返す。

                     

                    16時烏帽子山を通過、16時15分に駐車場に着いた。

                    一昨日久ぶりに雪が降ったので、明日はスキーに行こうと思ったが、一人で行くのも億劫なので横内での孫の試合を観戦に行くことにした。徐々にハイキングとサッカー観戦が増えてきた。


                    工石山

                    0

                      2010年1月26日雨上がりの朝、エ石山へ向かう。車を降りると気温は案外低くジャケットを着たまま9時10分に登り始めた。杖塚までの上りで火照った体には北からの風が心地よい。

                      尾根の木立を透して見える北面の谷のは雲海に覆われ真っ白い世界が広がっている。

                       

                      途中の岩に登り北の山並みを眺めると、雲海の上に聳える石鎚山が神々しい。

                       

                      北の頂上まで来ると東の剣山系が望まれる。雪は剣三嶺のほうが多いようだ。

                       

                      10時25分頂上に着く、ドウダンツツジやミツバツツジが新芽を出していた。

                       

                      帰りに再び北の頂上に立つ、雲海に浮かぶ三辻山や白髪山奥工石山そして遠くの山並み、手前の葉を落とした木々、寒そうな冬の日差しの中のいい風景だった。

                      雨上がりの澄み切った大気と分厚い雲海が織りなす景色を心ゆくまで眺め満足して11時30分に下山した。

                      今日は頂上往復の間誰一人会わなかった、また下山した駐車場にも一台の車もなく珍しい日曜日の工石山だった。

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>

                      メールはこちら!

                      メールはこちらからお願いします。
                      メールを送る

                      弊社ホームページはこちら!

                      株式会社ムラタホームページ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM