雑誌山

0

    2019年12月1日、名野川から中津明神山へ登りカラ池までの自転車縦走を来春に計画しているが、カラ池から奥名野川への下降路の状態がよくわからないので偵察に出かけた。7時30分に仁淀川河川敷に集合して8時30分に雑誌山が見える新しい林道に入る。

    PC017783.jpg

     

    雑誌山登山口をすぎて1352mピークからの尾根に出た所にカラ池から奥名野川の登山道があった。すぐの広場に車を止めて9時20分に登り始めた。

    IMGP8459.jpg

     

    道はに笹に被われ荒れている。進むほど目の高さを越える笹に行く手を塞がれ籔コギになる。

    PC017792.jpg

    IMGP8464.jpg

     

    谷筋を越えるところでは慎重に踏み跡を探す。それでも2度見失う、その都度3人で広がってなんとか見つけだして前進する。

    IMGP8467.jpg

     

    カラ池入り口に10時20分着、林道から1時間である。

    IMGP8468.jpg

     

    雑誌山に向かう分岐に10時25分着く、踏み跡を間違って辿り引き返して10時35分に分岐を再スタートした。11時に西雑誌山を通過する。

    IMGP8476.jpg

     

    11時25分雑誌山着、天気も悪く又小さな虫がどこかしこに這い上がってくるので昼食休憩を早々に切り上げて出発した。

    PC017803.jpg

    IMGP8482.jpg

     

    11時50分大きなブナがある分岐を右斜面へと入る。

    PC017804.jpg

    IMGP8490.jpg

     

    鳥居をくぐり廃屋をすぎて左斜め下へと続く道へ入る。やがて道がなくなった。どうやらずっと手前で間違えたようだ。面倒なので適当に下り12時25分道路に出た。登山口より300m程西へ進んだ所だった。車道を30分歩き12時55分駐車場に着いた。

    IMGP8492.jpg

    車道から上名野川の道は通る人はいないようで笹に被われていた。上名野川へ下る登山道入り口から50m程西に林道があり、この道が上名野川へと続いていると思われる。来年春の自転車登山の偵察を終えて13時30分帰途についた。

     

     


    工石山

    0

      2019年11月4日、秋を求めて工石山に登る。日射しは暖かかったが北からの風は冷たい。

      DSC_0003.jpg

       

      アキノキリンソウ

      DSC_0089.jpg

      DSC_0091.jpg

       

      10時20分に頂上に着くと、携帯椅子持参でビールを楽しむ人もいて賑わっていた。

      DSC_0092.jpg

       

      リンドウや野菊ジンジソウ

      DSC_0095.jpg

      DSC_0104.jpg

      DSC_0109.jpg

      DSC_0105.jpg

      道沿いの紅葉したツツジは丁度見ごろだった。

       

       


      工石山

      0

        2019年10月6日、まだ秋の色にはほど遠い景色だが、気温は低く歩きやすい。

        DSC_0087.jpg

         

        サイノカワラからは北と南の頂上の間に出る道を登る。

        DSC_0088.jpg

         

        南回りで1時間30分。

        DSC_0089.jpg

         

        アキノキリンソウや野菊それにリンドウが咲いている。

        DSC_0091.jpg

        DSC_0095.jpg

        DSC_0099.jpg

         

        北の頂上から近くの三辻山白髪山は望めるが、遠くの山並は雲に被われていた。

        DSC_0096.jpg

        下りは45分、2時間15分の汗をかかない山歩きだった。


        夏休みの工石山

        0

          2019年8月17日台風が過ぎ去った土曜日、夏休みの小さな仲間と二人で工石山に向かった。9時10分に駐車場を出て自然林の明るい緑の道を歩く、木陰の中は風が通り思いのほか涼しい。 

          P8177747.jpg

           

          小学生の仲間は、昆虫を見つけては立ち止まり観察する。「この虫なに?」「・・・・・?」P8177744.jpg

           

          白鷺岩で「高いねー」

          P8177756.jpg

           

          白い雲、青い空と緑濃い山肌、夏真っ盛りだ。

          P8177755.jpg

          P8177763.jpg

           

          10時40分、仲間は初めての頂上に立った。

          P8177768.jpg

           

          南回りの道を下る。

          P8177769.jpg

           

          サイの河原でラーメンとカレーを造り、昼食をとった。

          P8177770.jpg

           

          13時に駐車場まで降りてきた。

          P8177787.jpg

          小さな仲間は新たな発見と初めての体験で「とっても楽しかった。」との事だ。

          おかげで私も幸せだった。

           

           


          雨の工石山

          0

            2019年7月14日梅雨の季節、今日の天気は9時頃から雨の予報だ。7時50分に家を出て工石山の駐車場へ8時40分に着く、まだ雨は降りだしていない、50分程歩き途中にある白鷺岩に上がって景色を眺める。

            P7147869.jpg

            P7147876.jpg

             

            ウツギの仲間だろうか?

            P7147885.jpg

            P7147886.jpg

             

            10時、頂上に着く。

            P7147889.jpg

            P7147890.jpg

             

            広場にはママコナがあざやかに咲いていた。

            P7147899.jpg

             

            写真を撮っているとそれまでいなかったブヨが急に群がってきた。同時に雨も降り出したので急いで頂上を後にする。よく茂った夏の木々の葉、それらが木立の屋根となって雨粒を受け止めてくれている。カッパを着るほどの事もない雨漏りの中を早足で下った。

            P7147902.jpg

            P7147905.jpg

            10時50分駐車場着、あまり濡れずに下ってきた。登り1時間20分下り50分だった。時々自転車トレーニングで五台山を登っているが年々タイムが悪くなっている。工石山登山も過去には1時間以内で登っていたが、今日は無理せずゆっくりで1時間20分もかかった。これからの山登りは登山地図に記されているコースタイムの120佑之弉茲靴覆てはならない、テント泊登山はコースタイムの135〜140佑了間がかかりそうである。

            深緑の道をさまざまなことを感じながら歩いたが、木の葉の屋根が頂上から登山口まで雨を防いでくれたのには、いささか驚いた。


            工石山のシャクナゲ

            0

              2019年5月12日、少し早いかもしれないがシャクナゲを見に行った。9時に妙体岩から登る。

              P5127741.jpg

               

              頂上周りの木々が伐採されているので、見えなかった景色がみえる。

              P5127743.jpg

              P5127745.jpg

               

              登り始めて40分、9時40分に頂上に着いた。

              P5127748.jpg

               

              下りは目的のシャクナゲの道へ入る。

              P5127753.jpg

              P5127757.jpg

              P5127758.jpg

              P5127760.jpg

               

              若葉でいっぱいの木陰の道が、おだやかで優しい気分にさせてくれる。

              P5127774.jpg

              P5127778.jpg

              P5127780.jpg

              P5127786.jpg

              P5127789.jpg

              P5127790.jpg

              P5127795.jpg

              P5127802.jpg

              P5127806.jpg

               

              風の谷のシャクナゲは、終わりをむかえた花とこれから咲く花とが混在していた。

              P5127810.jpg

              P5127812.jpg

              P5127813.jpg

              P5127815.jpg

               

              10時30分さいの河原に着く、道を右に曲がり妙体岩へと下る。

              P5127823.jpg

              P5127830.jpg

              11時ふるさと林道に出た。満開は15日あたりのようだ。

               


              工石山 アケボノツツジ

              0

                2019年4月27日、吉野の帰りに工石山のアケボノツツジを見に行く。冬型の気圧配置となった今日の風は強く又寒い、白鷺岩のアケボノは花弁をまき散らしていた。

                P4277745.jpg

                 

                北の頂上に着くと、東側の木々が取り払われて眼下に地蔵寺あたりの水田が見えていた。

                P4277752.jpg

                P4277753.jpg

                 

                頂上は南から東側の木が刈られていた。

                P4277755.jpg

                 

                東の眺めは杖立山の風車に梶ヶ森、その真後ろに三嶺から剣山の山なみが見えだしていた。

                P4277757.jpg

                P4277762.jpg

                 

                頂上から南回りで下山する。

                P4277772.jpg

                P4277779.jpg

                 

                シャクナゲ街道は多くの木が蕾をつけていて、中でも風の谷のシャクナゲは50を超える蕾があった。5月中旬には満開になる。

                P4277775.jpg

                P4277785.jpg

                Kさんと二人で春の花をながめてのんびりと散策した。

                 

                 

                 

                 


                三辻山

                0

                  2019年4月7日、駐車場を9時15分に出て赤良木峠から樫山峠回りで三辻山へ向かう。

                  P4077842.jpg

                   

                  頂上から賑やかな声が聞こえる。

                  P4077843.jpg

                   

                  10時20分着

                  P4077845.jpg

                   

                  下りは鉱山跡を通って林道に出た。

                  P4077859.jpg

                  P4077864.jpg

                  11時に駐車場に着く。


                  工石山 今年のシャクナゲは?

                  0

                    2019年2月2日、「今年のシャクナゲは?」と工石山へ出かけた。赤良木峠を吹き下ろしてくる風は寒く、日陰には先週降った雪が残っていた。

                    P2027724.jpg

                     

                    風はあるが良い天気で、北の頂上からの石鎚山系の眺めが素晴らしかった。

                    P2027728.jpg

                    P2027733.jpg

                     

                    駐車場から1時間5分の10時25分に頂上に着いた。

                    P2027734.jpg

                     

                    帰りは南のシャクナゲ道を下る。

                    P2027736.jpg

                    P2027739.jpg

                    P2027743.jpg

                    道沿いには蕾をつけた木がいつもより多くあって春の開花の時季が楽しみである。


                    梶ヶ森

                    0

                      2019年1月14日、スパッツもいる雪山へ行こうかと思っていたが、どこも雪が無いようである。それなら梶ヶ森でもと出かけてきた。竜王の瀧からの登山道へ9時30分に入る。

                      P1147828.jpg

                       

                      30分程で定福寺分院に着く、北に国見山が見えて眼下の吉野川には雲海が残っている。

                      P1147831.jpg

                      P1147832.jpg

                       

                      例年なら氷壁登りで楽しめる真名井の滝も、今年は暖冬で半分も凍っていない。

                      P1147833.jpg

                       

                      10時45分キャンプ場からの登りに出た。

                      P1147838.jpg

                       

                      11時10分頂上に着く。

                      P1147841.jpg

                       

                      快晴で空気の澄んだ冬の景色は遠くの石鎚山まではっきり見える。

                      すぐ近くの杖立山、去年の6月に登った時は基礎工事をしていたが、今見る風車は全てプロペラをつけて完成しているようだ。

                      P1147843.jpg

                       

                      頂上から南に高知市から太平洋が望め、北には国見山の左端に川之江の製紙工場の煙が見える。

                      P1147849.jpg

                      P1147859.jpg

                       

                      東には剣山から三嶺の山並がくっきりと見える。手前のコビソから矢筈 綱附森の山はどれだろうかと探すが、ひと塊になって見え、判然としない。11時50分頂上を後にした。

                      P1147871.jpg

                      P1147873.jpg

                       

                      帰りは林道を辿り、途中から定福寺へ降りて駐車場へと向かった。

                      P1147874.jpg

                      13時10分、駐車場に着く。

                      快晴の眺めが素晴らしかった山頂、雪が無かったのが少しだけ残念だったが、穏やかな気持ちになれた山歩きだった。

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      メールはこちら!

                      メールはこちらからお願いします。
                      メールを送る

                      弊社ホームページはこちら!

                      株式会社ムラタホームページ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM