五段城

0

    2020年8月15日土曜日、高知県の最高気温39.7度 涼しい所を求めて天狗高原の五段城にやってきた。この暑い中を下から登るのは熱中症の危険もあるので白雲荘跡に車を置き、9時15分に出発する。出発地点は1100mを超す高度だが日差しがキツい、それに傾斜もきついので20分ピッチで休憩して水分補給を行う。

     

    県道44号線から県道383号線に入る。この383号線は天空の道と呼ばれていて大野ケ原まで続いている。快晴雲ひとつない、空気も透きとおりはるか遠くまで視える。

     

    東南近くには不入山.鶴松森そしてたくさんの風車が立つ風の里公園がよく見える。

     

    天空の道最高点1425mから上に30mで五段城頂上がみえるが、ここから上は鉄条網があり侵入禁止である。

     

    1350mまで下ると鉄条網に挟まれた登山道入り口に着く、そこそこ登山する人がいるので自転車を鉄の柱へ係留して10時20分登り始めた。

     

    フウロとトラノオ

     

    10時35分に何も見えない頂上に着く。宗ちゃんは仕事で来れなかったので、今日はお宮さんと二人である。

     

    下山途中で遥か遠くに薄く見える山並みに気づく、どうやら宇和海から豊後水道を渡った九州の山々のようだ。

     

    牛城の斜面左に薄く見える山は1583mの由布岳で、右への山並みは鶴見岳から北への尾根のようだ。

     

    シャジンと中津明神山と石鎚山

     

    11時に下山して途中からハイキング道に入る。

     

    高原の散歩道にはススキが出始めていた。

     

    スキー場をくだってきて12時に道路に出る。

    上りに40分かかった白雲荘跡地までの帰りは涼しい風を切って3分で着いてしまった。

    夏真っ盛りの高原には観光客の車とバイクが溢れ、天空の道は大賑わいでバリバリバリ!ドドド!と騒音が都会のようだった。しかし五段城と天狗高原ハイキングコースに届く音は少なく自然を楽しむことが少しできた。そんな中で思わぬ景色、初めて見る九州の山並みに出会えて感動した。宮崎方面の山はどれも重なっていて特徴を見つけることができず、名前がわかる山を見つけることはできなかった。唯一大分の由布岳は分かった。一度登ったことがある由布岳、その姿が立派で眺め飽きなかった。

    白雲荘からスタートのチャリ登山、物足りなさはあったが、熱中症と年齢を考えれば我々が楽しめる100涌汰瓦兵転車ツァーの範囲である。


    法印山280m 

    0

      2020年7月19日、のどかな三辻山の翌日、高さがタッタ280辰靴ない須崎市野見の法印山へ自転車登山に向かう。

       

      自宅から30分の7時10分に長浜のコンビニへ着く、すでに待っていた宗ちゃんと合流して出発、海沿いの県道14号線を西へ走る。春野漁港を過ぎ文庫鼻トンネルを抜けてすぐ左の堤防に上がる。堤防上の道路は遮るものがなく太平洋と砂浜によせる白波そして青い横波半島、その景色の中を風を切って走る。

       

      宇佐大橋をすぎて、浦ノ内湾入り口の竹村貸船店前を8時10分に通過する。

       

      横浪三里北岸をグングン飛ばして鳥坂トンネルを抜け、9時に住友大阪セメント須崎工場が見える押岡まで来た。すぐの三叉路を左に曲がり法印トンネルを抜ける。

       

      9時15分に登山口に着く、この山には2017年5月に一度登っている。その時のタイムは頂上まで50分程で、稜線へ出る所で踏み跡がなくなり適当に這い上がった記憶がある。今回は自転車があるので倍の時間がかかると思われる。担ぐ準備をして9時20分に出発する。

       

      スタートから担ぎ上げで分岐のある鳥居へ10分で着き左の道へ進む。

       

      前回来た時より道は荒れている。猪に掘り返されているうえに路肩が斜めに削れていて踏ん張りが効かない、転落しないように慎重に足を運ぶ。自転車を担いでいる間は自由が効かないのでヤブ蚊の攻撃をさけることができない。忍耐!辛抱!しかしカユイ!

       

      道がわからない箇所では自転車を降ろして偵察を繰り返す。

       

      植林の中へ入ると踏み跡が薄くなり消えてしまった。前回同様適当に右上の尾根へ向かう。

       

      植林の中はさらに足元が定まらずズルズル滑る。自転車を押し上げ突き上げ担ぎ上げ懸命に登り、10時40分に尾根へ出た。

       

      さらに藪尾根を頑張って進み、日本軍の電波塔に着くと北からの登山道と合流する。

       

      登山口から1時間40分、汗みどろの苦闘を楽しんで11時に登頂した。高知駅前から4時間20分である。

       

      南の野見湾から涼しい風が吹いてくる。くっついてきたヤブ蚊も風に追われていなくなった。

       

      いなり寿司の昼食を済ませ、NTTドコモの電波塔がある264mピークへの縦走路に11時25分に入る。

       

      尾根道はバイクレースをする矢印マークが所々に貼られている。

       

      法印山の北側周辺はオフロードバイクを楽しむ場所のようで、急な斜面を尾根へ上がってくるルートが何箇所かあった。我々も彼らのルートの一部をバイクを担いで歩き楽しんでいる。11時45分法印トンネルの上を通過して小ピークに着く。

       

      植林の木立の隙間からJR斗賀野トンネル真上の勝森545mが見え、すぐ右にある虚空蔵山もかすかに望めた。ここまで押してきた自転車の前輪がパンクしていることに気づく、修理は電波塔に出てからと空気のないまま進む。

       

      藪に邪魔されて見えにくいが、辿ってきた法印山からの尾根の半分ほどが見える。

       

      12時5分NTTドコモの電波塔に着く。

       

      さっそくパンク修理にかかる。前輪を外してタイヤレーバーを差し込みチューブを取り出しパンク箇所を探すが見当たらない、よく見ると空気注入口のバルブの上がかなり曲がっている。どうも押して歩く途中でバルブをどこかにぶつけ、そこから空気が抜けたようだ。壊れたバルブのチューブはパンク処理をしてもダメなので、予備のチューブを出して入れ替えることにした。前輪のパンクなので割と簡単だと作業にかかったが、なれていないので案外時間がかかった。こういう時こそお宮のありがたさがわかる、彼が居てくれれば半分の時間で済んだと思う。12時50分修理完了。

       

      すぐに出発する。風を切って約2.5kmのダウンヒル、自転車登山の最高のひと時だ。

       

      鳥坂トンネル手前のお遍路さん休憩場で一休みさせてもらい、炎天の横浪三里へ向かう。浦ノ内トンネルの登りを懸命に漕いで突破して先行する宗ちゃんを追いかけるがおいつかない。浦ノ内出見あたりで待っている宗ちゃんに合流するが、これ以上毎度またすわけにはいかないので、反省会準備のために先行することを願った。一人になって深浦あたりからトロトロと走り14時45分に文庫鼻を通過する。

       

      15時に長浜手前からテトラポットだらけの海岸を見る。昔は200m以上の広大な砂浜だったとのことだがどんどん侵食されているようだ。しかしこの砂浜(高知海岸)にもアカウミガメが産卵に上がるそうで、春野の自然を守る会の方たちが孵化場を作り、産卵した卵を大切に育てて生まれた子ガメを太平洋へ返しているとのことだ。

       

      15時20分反省会の場所に着く、まだ買い出しの途中なのか宗ちゃんが帰っていない。近くの長浜公園でサッカーの大会が行われていたので覗いてみるとエストレーラスの5年生が龍馬大会決勝トーナメントを戦っていた。試合はPK戦で負けた。

      反省会を二人で楽しみ、お宮さんの復帰を願い杯を上げた。16時45分には会場を出て自宅へ向かう。17時20分帰宅。

      タッタ280mの法印山、楽勝よと正直高をくくっていた。夏場の法印山は足場が悪いのと蒸しかえる暑さとヤブ蚊の攻撃とで思いの外困難さが増していた。距離86Km累計高差タッタ450mのチャリツアーは日射しのキツサもあわせ、かなり辛子が効いていた。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ブログに出していなかった涼しい写真 

      山の名前は「セロ??  」クライーマーならあの頂に憧れる。

       


      去山〜社中山

      0

        2020年6月7日 快晴の朝、6時10分に自宅を出る。はりまや橋から鏡川の河川敷に入り紅葉橋で南岸に渡って鏡川橋にでる。鴨部からは国道33号線で伊野に向かった。集合場所には6時55分に着く、コンビニで昼食を買い伊野を7時に出た。

        今回の計画は高知から自転車で伊野.勝賀瀬.中追と走り、去山(740m)へ登り東へ伸びる林道を伝って、社中山北西稜のコルに出る。コルからは頂上へ登山道があるようなのでそれを辿り、社中山(931.2m)に登頂して南の鏡へ降る計画である。ただ問題はコルからの登山道で近年は使われていないようす。廃道になり濃いヤブに覆われているなら自転車を担いでの登山は無理なので、その場合は計画を諦めて北の439号線へつながる林道を下る予定である。

         

        中追渓谷を8時15分に通過、途中で声をかけてこられた地元の方に上の林道のようすを教えてもらった。

         

        中屋へ8時30分に着き小休止をとる。

         

        中屋から去山頂上まで高差500m程度だが、ここまでで早くも乳酸がたまった足では漕ぎあがれない。ひたすら押して進むが13佑鯆兇┐覽涅笋任浪,珪紊欧誅咾眸茲豌未討襪靴泙弔澄焼けつく日射しの中、去山の部落を9時40分に通過する。

         

        部落から上は未舗装の道を辿り、高度650mで舗装された林道に出た。

         

        10時10分太子堂に着く、水を補給して10分間の休憩をとる。

         

        太子堂から自転車に乗り地蔵のある樫ヶ峠までは瞬く間である。峠から西へ伸びる尾根は大久保山へ至る。

         

        樫ヶ峠から舗装された林道を少し走ると去山の登り口に着く。

         

        登山道入り口から5分程で740mの頂上、10時40分登頂。

         

        周辺には夏の花が咲いていた

         

        若干の上り下りがある林道を快適に走る。途中に2つ目の地蔵があった。

         

        この林道は地理院の地図には載っていない。舗装された道を快適に下ってゆくと、やがて舗装もなくなり急な登り返しになった。昼に近づくにつれて気温も上昇し汗が滴る。自転車を押し上げ懸命に歩く、峠が近いのか坂もキツく急なカーブがでてきた。二つ目のカーブを回ると830mの峠に着いた。到着時間は11時55分、峠は三叉路になっている。さっそく寺野の部落から頂上に続く登山道を手分けして探す。それらしき道と思われる踏み跡が尾根の西側にあったが、かなりのブッシュに覆われている。12時になったので木陰で昼飯をとっていると、爆音を響かせ2台のバイクがやってきた。見ていると東に向かう林道へすすんでゆく、「ちょとまって!」と呼び止め、この林道はどこへつながっているか聞くと「鏡へ下れる。」とのことだ。さらに”この林道は登山道のある北西尾根と並んで造られているが、すぐ先で北へ伸びる尾根へと続いているので頂上から離れていく”との事がわかった。

         

        昼食を終えて12時30分東へ向かう林道へ入る。後方には夏空の下に子持ち権現.瓶ヶ森.西黒森の素晴らしい景色が広がっている。いつものことだが、初めての場所から眺める新鮮な景色は嬉しいもの。

         

        三叉路のコルから500m進んだ860mの所で林道と尾根が合流していた。先を見ると林道はここから左へ降り気味につけられていて頂上から遠ざかるようである。ここから尾根に入り頂上に向かうことにした。準備を整え12時40分担ぎ登山開始である。

         

        尾根の西側に残る踏み跡を10分程辿るが、道は徐々に尾根からはずれていく、藪をかき分け進むが一向に尾根へ上がらない。そこで自転車を置き二手に分かれて偵察を行った。その結果この踏み跡は頂上の西側をトラバースしていて頂上へは達していないようである。元まで引き返すのも面倒なので、その場から左上へ急斜面を登り尾根上へと出た。 

         

        あがった尾根上で現在位置を確認すると、おおよそ頂上までは直線で200m高差70mの所に居るようである。そこから尾根の茂みが薄い所を選びながら登り、約20分で頂上に出た。

         

        13時10分頂上に着く、自宅から7時間!達成感があふれ思わずリーダーと握手していた。

         

        社中山は隣の国見山(雪光山)より高いが独立峰でないので目立たない、それに頂上からの見晴らしも無いのであまり登る人はいない。何も見えない頂上を後にして稜線から雪光山の見える南の林道へ13時45分に降りてきた。

        鏡までは長いダウンヒル、風を切って降る。的渕川に沿って猛スピードで走る。柿ノ又も平家の瀧もあっという間に過ぎ去っていく。鏡小浜で宗ちゃんと別れ自宅へ向かう、風は向かい風、パワーの限界がきている筋肉には少しの登りでもギアの最下段がなくては進めない。久万川沿いをたどって15時に自宅へ帰り着いた。走行歩き担ぎ合わせて75Km弱獲得高度約1000m、行きは7時間帰りは2時間の全力の自転車登山だった。久しぶりに達成感と高い満足を味合うことができた。これもリーダーの厳しい真の優しさのおかげである。リーダーに感謝。


        北山539.9m無名ピーク

        0

          2020年5月29日、トレーニングに正蓮寺を走ろうと地図を見ていると539.9mの三角点があることに気がついた。北山周辺では一番高いところのようだ。「どんな景色が見えるのか?」と期待して朝8時10分に自宅を出る。北秦泉寺の三谷から椎野峠への道を漕ぎ上がり、9時10分に峠を通過する。

           

          峠の田圃には水が張られ、これから田植えをするようだ。

           

          椎名峠から2つ目の分岐で「役場.都積土佐山」と書かれている右の道へ入る。

           

          送電線をくぐり三谷山と書かれた石碑をすぎると三叉路に出る、丁度農作業をされていた方に三角点までの道を尋ねると「右から登る近道は海上保安庁の私有地で通られんき、左上の道から行けらあえ、いきよったら右上へ登る道があるき、その道に入ったら柚子畑になちゅう、そこを抜けて行ったらえいわえ。」と教えていただいた。柚子畑につけられた道に入ると工石山から笹ケ峰.国見山の連なりが見えてきた。

           

          百丈岩を持つ笹ヶ峰前衛峰1075mは格好いいピークだ。

          このピークは笹ヶ峰から南へ伸びる尾根の1075mのコブで、勝手に笹ヶ峰前衛峰と名付けたが、笹ヶ峰南峰というほうが良いかもしれない、土地の名称があるかどうかはわからない。

           

          柚子畑の道終点から上に海上保安庁の電波塔?があり、その辺りが539.9mの山頂のようだ。

           

          10時5分三角点に着く、頂上の三角点の上に古い名札があったが、書かれていた文字は朽ちてて何も読めなかった。帰りがけに先程おられた方に山の名前を訪ねると、「この近くに昔は集落があってなんとかいよったけんどこの山の名前は聞いたことがない。」とのことだった。

           

          頂上からは東北東の景色が開け、遠くに鉢ケ森からの山並みが見える。

           

          10時15分に頂上を後にしてウツギやあじさいの咲く三谷の道を下り、自宅へ11時10分に帰った。

          眺めた笹ヶ峰前衛峰がカッコよかったので行ってみたい。ルートは北の登山口から歩きで笹ヶ峰に登って南の尾根を辿るか、自転車で南の林道をたどり南西の尾根を250mほど登るかだが、藪こぎばかりなら自転車は林道に残置しておかなくてはならないだろう。いずれにしても藪が薄くなる秋から冬の季節が適切だろう。

           


          石土ノ森 日高村〜土佐市へ

          0

            2020年5月5日、6年前に高岡から清瀧寺を経て東尾根から清滝山石土ノ森を登った事がある。今回は日高村から北尾根をたどって頂上に行き高岡へ抜けるコースだ。お宮さんとカルポートで7時45分に合流して、宗ちゃんとの待ち合わせ場所伊野コンビニへ8時30分に着く、コンビニを8時45分に出て日下駅手前の信号を左へ曲がりJRの線路を跨ぐ、戸梶川を越えて石田の集落へ9時10分に着いた。

             

            集落から漕ぎ上がること20分、9時30分に登山口へ着き担ぐ準備をする。

             

            遠くに左から横倉山、黒森山から御在所山が見え、右端の大きな山は鷹羽ケ森で手前にはグリーンフィールゴルフ倶楽部が見える。

             

            出だしは押して上がれたが、道が狭くなるとすぐに担ぎとなった。

             

            約30分担いで10時30分に峠へ着く「準備運動終わり」とリーダーから声がかかる。

             

            コルから高差80mの急斜面を懸命に登る。なんども枝に引っかかるバイクが邪魔くさい。

            434mのピークを越えて11時30分に林道に出る。

             

            林道を下り440mピークへの登り返しは辛いものだった。

             

            再度登り返して450mピークへでると主稜線はすぐだった。

             

            12時10分450mピーク主稜線合流。

             

            主稜線を20分、12時30分に石土ケ森頂上についた。伊野のコンビニから3時間45分、カルポートから4時間30分だった。リーダーの想定時間から45分遅いそうだ。

             

            13時パラグライダー場着、上空にはパラグライダーが楽しそうに舞っていた。

             

            三十五番清瀧寺の横を通る林道を下り、仁淀川堤防から土佐道路を通って自宅へ帰った。

            14時45分自宅着、7時45分出発なので休憩時間合わせて7時間で一周してきた。走行距離約52km獲得高度560m、内訳は自転車乗って50km強を3時間30分、自転車押して担いで2km弱を3時間30分である。リーダーから「休みすぎ!」とのお言葉を頂いた。

            トリオメンバーも70才となったが皆そこそこ健康で前向きに生きている。

            コロナで会社もシンドイ思いをしているが「人間万事塞翁が馬」いささか能天気で過ごす昨今である。


            工石山のアケボノツツジ(高知から自転車で)

            0

              2020年4月19日日曜日、この季節は残雪の山へでかけて登山や山スキーを楽しんだり、低山では山菜とツツジの花を愉しむものだが、今年は新型コロナウイルス感染で散々な事になっている。

              室外での散歩やサイクリングなどは間隔を2m以上とりマスク等の感染対策を十分とれば許されている。いつものトリオと7時15分に自宅を出て7時30分に正蓮寺登り口に着く、ジャケットを脱ぎ登坂準備をする。

               

              薊野北町から県道16号線へ登る近道は傾斜がきつくほぼ自転車を押してのぼる。高知本山線に出てからは漕ぎ上がり8時15分に正蓮寺ゴルフ場北裏の広場着く、ジャケットを着て25分で平石に着く、再度登る準備をして8時45分にでる。傾斜がきつくなるとギヤを落としてイチー ニイー サーン シイー のリズムで漕ぐ、2ピッチ休憩15分と2時間で11時00分に工石山登山口に着いた。登山者の多い山では自転車を担ぐことは迷惑になるので、登山口に置き11時10分出発する。

               

              エイザンスミレ

               

              疲れた足はいつもより10分オーバーの12時30分に頂上へ着いた。山頂で食事をする登山者はいつもよりずっと多く25名ほどいた。簡単に食事を済ませ45分に出発する。

               

              北の頂上からの石鎚山

               

              アケボノツツジは先週雪光山が咲き始めたので今週は工石山のアケボノも咲いているだろうと思いでかけてきたが、ポツポツ咲きかける程度だった。2019年は4月30日、2018年は4月28日、2017年は4月30日にほぼ満開だった。

               

              13時35分下山、工石山が鬼門のお宮さんと合流して13時55分高知へ向かう。 

               

              登り2時間かかった道も下りは20分で平石に着き、懐かしの大穴を14時25分に通過する。

               

              鏡川から土佐山広瀬で網川川に沿って遡っていると、鮎の放流に出会った。眺めていると、放流する漁業者の方から「放した鮎は全部遡上していき、大きくなって大雨が降るタイミングで下ってくるよ。」との事を教えてもらった。

               

              15時10分網川トンネルを抜けるたところで休憩をとる。桜の木も葉桜となって黄緑色の若葉が心地よい。

              いつもは帰りに反省会を行うのだがコロナでそれもできず流れ解散となり、15時50分自宅に帰った。

              駅前で軽く一杯!ができない!早期の感染終了宣言を願うばかりである。

               

               

               

               

               

               


              清宝山

              0

                2020年2月9日バオカオウレンが咲く清宝山へ行く。8時に自宅を出て8時45分に伊野の待ち合わせ場所で宗ちゃんと合流、9時に出発して33号線をたどり途中の日下駅手前で線路南の農道に入り岡花駅にぬける。県道297号線の加茂の里手前で北へ線路を渡り、急な坂を自転車を押し上げて9時55分にバイカオウレンが咲く群生地についた。

                 

                15分ほど鑑賞して群生地奥の車道へ向かう。

                 

                途中のビューポイントから中津明神山を眺める。

                中津明神〜猿越山〜雑誌山この春自転車登山で縦走する予定だ。

                 

                11時10分357.3mの頂上へ着く。

                 

                頂上の北側にはグリーンフィールゴルフ倶楽部があり、風にのって話し声が聞こえてくる。

                 

                南には日高村総合運動公園が眼下に見える。孫のサッカー大会で来週来る予定だ。

                 

                頂上を11時50分に出発して少し下った所の分岐を右に折れて四ツ白の部落へと登る。12時15分に部落に着き、そこから県道299号線に入り仏峠を越えて仁淀川に出た。

                 

                12時40分、影地から北に四国山地の東黒森山あたりの稜線が見える。

                13時35分伊野で宗ちゃんと別れて孫のサッカー見物に高須浄化センターに向かう。14時30分センター着、30分ほど練習を見て自宅へ帰った。走行距離約65Km高度差合計400mで6時間30分だった。この程度が分際になってきた。

                クライミングは5.10bがベストで5.10aがなんとか登れ楽しめるのは5.8あたりである。登山は冬春の積雪期は卒業で、夏秋のバリエーションルートも卒業した。ハイキング程度の山が安全に楽しめる限界になってきた。

                 


                虚空蔵山

                0

                  2020年1月13日、新年最初の自転車登山は虚空蔵山(674.9m)へ出かけた。朝7時50分に自宅を出て潮江天満宮横の堤防を走る。

                  P1137831.jpg

                   

                  9時に春野のコンビニに集合、出発してすぐの仁淀川大橋から虚空蔵山が見える。

                  P1137835.jpg

                   

                  高岡から波介川をわたり車の少ない県道287号線を走る。国道を渡り永野川を遡り、登山道に入る。

                  P1137836.jpg

                   

                  12佑鯆兇┐觝笋鬚劼燭垢蕾,珪紊欧匿覆燹

                  IMGP8525.jpg

                   

                  10時45分、高度300m残り375mだ。

                  P1137841.jpg

                   

                  更に坂道はきつくなり両腕がくたびれてきた。

                  P1137842.jpg

                  IMGP8527.jpg

                   

                  12時10分やっとしおり峠へ着いた。ここから南へ真っ直ぐに登山道がのびているが、我々は北周りの車道を進むことにした。

                  IMGP8531.jpg

                   

                  分岐を左へ折れて熊笹が密生する道を少し登ると頂上三角点に出た。

                  P1137845.jpg

                   

                  12時45分頂上着、自宅から約5時間である。

                  P1137847.jpg

                   

                  西の頂上674.9mからの浦の内湾の眺めは素晴らしく、見飽きない。

                  P1137850.jpg

                   

                  13時30分に展望台のあった頂上に移動する。景色はこちらの方が広い、須崎湾から法印山が望まれる。

                  P1137853.jpg

                  P1137855.jpg

                   

                  帰りはしおり峠から斗賀野へ下った。

                  P1137858.jpg

                   

                  斗賀野から県道53号線そして291号線に入り日高へ抜けた。ここの坂が使い切った足にはつらかった。

                  IMGP8547.jpg

                   

                  日高から裏道に入り仁淀川に出て仁淀川橋へと着き、そこから北環状線をノンビリ走って17時に高知駅に到着、約70km高度差計900m 久しぶりのツアーはえらかった!

                  P1137861.jpg

                  2年前に今ノ山から足摺岬回った時に菜の花を見た。今回は仁淀川にそう堤の道で菜の花に出会った。暖冬に関係なく菜の花が春を知らせてくれる。

                   

                   


                   


                  筆山

                  0

                    2019年7月13日、今日は朝8時から雨が降るとの予報なので近くの筆山へ登る。漕ぎ上がること15分程で上の駐車場に着く、北の眺めはすぐ下を鏡川が流れ、高知城が見えて奥に正連寺から工石山の連なりが重なっている。

                    DSC_0053.jpg

                    自宅から往復35分程で、雨がぽつぽつ降りだしたころ帰った。


                    五台山

                    0

                      2019年7月6日、夏山はブヨにアブそしてダニがいるので足が遠退いている。孫のサッカー見物が最優先で明日も近県トーナメントで多度津へ行く予定だ。観戦ばかりで運動不足なので今日は五台山に登ってみた。

                      DSC_0051.jpg

                      DSC_0053.jpg

                       

                      誰もいない展望台の上まで登って市街地を望む、浦戸湾から吹く風が爽やかだった。

                      DSC_0056.jpg

                      DSC_0059.jpg

                      頂上バス停までのタイムは18分50秒、年々記録を更新している。



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      メールはこちら!

                      メールはこちらからお願いします。
                      メールを送る

                      弊社ホームページはこちら!

                      株式会社ムラタホームページ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM