久万スキーランド・スキー指導

0

    12月24日久万スキーランドへ出かけた。当日はクリスマスプレゼントディで子供は無料だった。小さい女の子はそり遊びだ。

    PC247160.jpg

     

    小学1年の子にスキーを借りてゲレンデに出る。まずはスキーに慣れてもらおうと歩き方からレッスンを始めるが、転んでばかり、なので立ち方を教えるが素直に言うことをきかない。そのうち母親を追いかけてムービングベルトに行くが途中の傾斜で進めない、そんな程度なのに上まで行き又また転倒、なんとか起き上がり傾斜に出ると一気に滑り下りて行ってしまった。追いかけて止めようとしたが追いつけず、無事に人にあたらず滑り降り、冷や汗ををかく。止める形を教えなくてはと平らな所で指導するが、すぐにやけを起こし、てんで言うことをきかなくなってしまう。「もうスキーなんか一生せん。」と言いスキー板を外してしまった。その時"クリスマスプレゼントの親子スキー教室"が無料で開催されるアナウンスが聞こえた。昼からの親子スキー教室に申し込むと、指導員は私が教える孫の格好を見ていたようで、”教えてあげたい”と目をつけていたとの事だ。

    PC247169.jpg

     

    私の指導は技術を教えようとして辛さばかりを与えていたようだ。身内だと遠慮がないので教える事は難しいとの話だった。愛媛県スキー連盟の指導員は転ぶと起き上がることができない孫を、起き上がる練習よりスキーの楽しさに気がつく手伝いをする。その方向で孫を導いていた。なんどか暴走防止ロープを付けてスベリ、2時間の研修でブレーキをかける事ができだした。そして最後は一人で滑り降りることができた。

    PC247181-2.jpg

    2時間の教えがありがたく心から指導員に感謝して久万スキーランドを後にした。

    「楽しさを教える楽しさに気づく手伝いをする。」


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    メールはこちら!

    メールはこちらからお願いします。
    メールを送る

    弊社ホームページはこちら!

    株式会社ムラタホームページ

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM