手箱山

0

    2018年10月14日、Kさんと二人で紅葉見物に手箱山へ出かけた。1806mの手箱山は高知県で一番高い山らしい、二県を跨ぐ境には1893.6mの三嶺や1859.6mの笹ヶ峰などがあり、高知県最高峰は三嶺のようだ。今日は名野川登山口から手箱山へ登る。紅葉シーズンは混みあう石鎚山周辺の山だが、名野川登山口からトラバース道までの間はほとんど登る人はいない。混雑と喧噪は街中だけでよく、谷のせせらぎや吹き抜ける風、そして紅葉を求めてやってきた。8時55分登山道に入る。

    PA147415.jpg

     

    尾根につけられた道を進む。

    PA147419.jpg

     

    登山道は1400mあたりから笹に被われ、笹をかきわけ掻き分け登る。10時45分、1570mで丸滝小屋からのトラバース道に出た。

    PA147421.jpg

     

    トラバース道から左手に、手箱山の長い稜線が見える。

    PA147427.jpg

     

    道沿いには秋の草花が咲いている。

    PA147425.jpg

    PA147429.jpg

    PA147507.jpg

     

    11時25分、手箱越に着いた。

    PA147508.jpg

     

    手箱への稜線に出ると土佐の山並が見え、すぐ近くの長い尾根の山が椿山だ。

    PA147464.jpg

     

    真南に独立峰の雨ヶ森、少し左に黒森山.御在所山、山また山のその遥か先に浦戸湾が見える。

    PA147458.jpg

     

    北側には四国山地が連なり山腹には瓶ヶ森林道がある。その道を多くの車が走っていてウインドウガラスがキラキラと光る。よさこい峠の駐車場にはたくさんの車が止まっている。この分では土小屋の駐車場はいっぱいで石鎚山も大勢の登山者で賑わっていることだろう。

    PA147459.jpg

     

    12時10分に頂上に着いた。頂上から東へ少し行くと大瀧登山口からの道があり、その道は笹に被われていた。紅葉した山並をながめ昼食をとる。

    PA147457.jpg

     

    12時35分に頂上を後にした。キリンソウにトリカブト。

    PA147467.jpg

    PA147512.jpg

    PA147481.jpg

     

    岩黒山と丸滝小屋の岩壁。

    PA147490.jpg

     

    13時15分手箱越を通過して休まずに分岐へ向かう。

    PA147498.jpg

     

    トラバース道から分岐を名野川登山口へ下り、渡渉地点を14時55分に通過した。

    PA147516.jpg

    15時05分登山口に着く、登り3時間15分下り2時間30分休憩を入れて6時間10分だった。静かな山、紅葉の景色、遥かな山並み、落ち葉で軟らかい山道、昼の弁当と交通費で2000円、手ごろで納得のいく山歩きだった。

     

     

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    メールはこちら!

    メールはこちらからお願いします。
    メールを送る

    弊社ホームページはこちら!

    株式会社ムラタホームページ

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM