北山539.9m無名ピーク

0

    2020年5月29日、トレーニングに正蓮寺を走ろうと地図を見ていると539.9mの三角点があることに気がついた。北山周辺では一番高いところのようだ。「どんな景色が見えるのか?」と期待して朝8時10分に自宅を出る。北秦泉寺の三谷から椎野峠への道を漕ぎ上がり、9時10分に峠を通過する。

     

    峠の田圃には水が張られ、これから田植えをするようだ。

     

    椎名峠から2つ目の分岐で「役場.都積土佐山」と書かれている右の道へ入る。

     

    送電線をくぐり三谷山と書かれた石碑をすぎると三叉路に出る、丁度農作業をされていた方に三角点までの道を尋ねると「右から登る近道は海上保安庁の私有地で通られんき、左上の道から行けらあえ、いきよったら右上へ登る道があるき、その道に入ったら柚子畑になちゅう、そこを抜けて行ったらえいわえ。」と教えていただいた。柚子畑につけられた道に入ると工石山から笹ケ峰.国見山の連なりが見えてきた。

     

    百丈岩を持つ笹ヶ峰前衛峰1075mは格好いいピークだ。

    このピークは笹ヶ峰から南へ伸びる尾根の1075mのコブで、勝手に笹ヶ峰前衛峰と名付けたが、笹ヶ峰南峰というほうが良いかもしれない、土地の名称があるかどうかはわからない。

     

    柚子畑の道終点から上に海上保安庁の電波塔?があり、その辺りが539.9mの山頂のようだ。

     

    10時5分三角点に着く、頂上の三角点の上に古い名札があったが、書かれていた文字は朽ちてて何も読めなかった。帰りがけに先程おられた方に山の名前を訪ねると、「この近くに昔は集落があってなんとかいよったけんどこの山の名前は聞いたことがない。」とのことだった。

     

    頂上からは東北東の景色が開け、遠くに鉢ケ森からの山並みが見える。

     

    10時15分に頂上を後にしてウツギやあじさいの咲く三谷の道を下り、自宅へ11時10分に帰った。

    眺めた笹ヶ峰前衛峰がカッコよかったので行ってみたい。ルートは北の登山口から歩きで笹ヶ峰に登って南の尾根を辿るか、自転車で南の林道をたどり南西の尾根を250mほど登るかだが、藪こぎばかりなら自転車は林道に残置しておかなくてはならないだろう。いずれにしても藪が薄くなる秋から冬の季節が適切だろう。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    メールはこちら!

    メールはこちらからお願いします。
    メールを送る

    弊社ホームページはこちら!

    株式会社ムラタホームページ

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM