桜見物

0

    2019年3月30日31日

    正連寺の山桜

    DSC_0029.jpg

     

    筆山のソメイヨシノ

    DSC_0037.jpg

    DSC_0045.jpg

     

    エストレーラスの練習と桜

    P3317741.jpg


    上八京の一本桜

    0

      2019年3月24日、昨年と同じ日にいつものトリオで上八京の桜見物に出かけた。津を9時10分に出発して国分川沿いに岡豊城まで走り、支流の笠ノ川左岸を白木谷へ向かう。

      IMGP7968.jpg

       

      道は県道269号線で高知自動車道高架下を潜ると、前方に上八京の一本桜が見えてくる。

      P3247747.jpg

       

      9時55分に八京で269号重倉笠ノ川線を右折して山道に入る。漕ぎ上がること25分、10時20分に一本桜に着く。

      P3247751.jpg

      P3247752.jpg

      P3247754.jpg

      P3247759.jpg 

       

      一本桜は前回同様満開で、写真を撮ったり景色を楽しみ満足して11時に下山する。

      P3247763.jpg

       

      帰りは八京から奥へ行ってすぐの分岐を左に曲がり、南国SAへ抜ける道に向う。

      IMGP7993.jpg

       

      11時55分斉藤牧場に着き、のどかな牧場と梶ヶ森を眺めて昼食休憩をとる。

      P3247774.jpg

       

      南は高知医科大学から大津方面の眺め。

      P3247778.jpg

      P3247783.jpg

       

      牧場から南国SAまで10分程で降りてきて12時40分に解散した。

      P3247784.jpg

      上八京の一本桜を昨年今年と3月24日に訪ねた。何かで”高知の桜開花日に上八京の一本桜は満開になる”との記事を見た。今年の開花日は3月22日、今日の一本桜は満開だった。

       

       


      吉野クライミングセンター

      0

        2019年3月2日、吉野クライミングセンターへKさんと行く。いつものようにストレッチをして5.8でアップして10bを登る。

        P3027742.jpg

        当日10時頃からキッズクライミング教室が開催された。

        安全なスポーツクライミング、最近はもっぱらこの分野のクライミングですませている。


        鈴ヶ森 苦行の春分峠へ

        0

          2019年2月23日朝6時北本町に集合、今回もお宮さんに宗ちゃんそして私のトリオである。自転車を車に積み高知ICから高速道路へ乗って中土佐ICで降りる。一般道で久礼坂を登り県道41号線に辿って中土佐町役場大野見庁舎へ7時5分に着く。今回の計画は大野見庁舎から島ノ川川(シマノカワガワ)にそって遡り北の鈴ヶ森峠登山口から鈴ヶ森に登頂して南の春分峠へ下り、松葉川温泉で一泊して翌24日に大野見庁舎へ帰るものである。一周約53Km高差は往復とも710m程度で、さほどの行程ではない。

          IMGP7918.jpg

           

          準備完了、7時15分に高度295mの庁舎を出発した。峠まで高差は約475mである。

          P2237725.jpg

           

          大野見島ノ川を過ぎると道は徐々に傾斜を増してくる。

          IMGP7921.jpg

           

          私道分岐からは路面も悪く押して上がる回数が多くなる。

          P2237730.jpg

          IMGP7925.jpg

           

          650mあたりから見える稜線は鈴ヶ森峠から山頂に向かう尾根か、頂上から高山へ延びる尾根かと思ったが、後で調べると頂上から北東にのびる枝尾根だった。

          P2237732.jpg

           

          予定どうり10時丁度に770mの鈴ヶ森峠に着く。

          IMGP7926.jpg

           

          担ぐ装備を整えて10時15分に登山道に入った。

          IMGP7929.jpg

          IMGP7932.jpg

          IMGP7934.jpg

           

          峠から約280mの登りに予定より時間がかかり、35分遅れの11時35分に1054mの頂上に着いた。

          P2237739.jpg

           

          鈴ヶ森頂上はあまり眺めは良くない。南は松葉川温泉から806mの枝折山あたりが望め、北は木立の中から天狗荘天狗高原が見える程度で、東と西はほとんど見えない。

          P2237737.jpg

          P2237740.jpg

           

          頂上で昼食休憩を30分とる。

          P2237742.jpg

           

          12時5分、「後は下るだけ!」とたかをくくって予定より1時間遅れで頂上を後にした。

          IMGP7935.jpg

           

          12時7分頂上からすぐの分岐に出る。道案内に「杖立三角点へ・鈴ヶ森コース」と書かれていた。右の尾根は枝尾根ですぐ近くに杖立三角点があるのだろう、と判断して躊躇なく沢山のテープがある左の尾根へと進んだ。

          P2237743.jpg

           

          次々と出てくるピンクと黄色のテープを追いかけて下って行く。途中から急傾斜となりいささかおかしいと思いつつ15分から20分下った所でテープがなくなった。左右を探すが踏み跡も見当たらない。これは間違ったようだとGPSを出して位置を確認すると889mへ向かう南の尾根へ入り込んでいた。自転車を担ぎ100m程を登り返して12時55分に元の分岐へ帰ってきた。分岐で地図を出して杖立三角点をさがすがどこだかわからない。その時丁度トレランの方が頂上から降りてこられた。「何処からおいでたのですか?」と聞くと「春分峠からピストンです。」とのことで、杖立三角点へ向かう尾根から下山する言う。その道の入り口には横木があり”行ってはダメマーク”があり行けないのではと思ったがどうやらその横木は自然倒木のようだ。地図を合わすと杖立三角点へ行く尾根が正しい事が確認できた。ただ杖立三角点がどこなのか地図では確認できてなかった。ここで約2時間の遅れとなってしまう。

          P2237744.jpg

           

          13時18分、1002mピークで西から南へと屈折する。ピークには春分峠と書かれている道案内があった。「最初の看板、杖立三角点などと書かずに春分峠と書いといてよ。」とぼやく。1002mから200m下って30m登り更に30m上がると境界線の礎石がある分岐に14時22分に着いた。アップダウンがつらいがほぼ順調である。

          P2237745.jpg

          IMGP7939.jpg

           

          分岐から南へ続く急な尾根を重い自転車に振り回され懸命に下る。約700mまで下り805mへ登り直しさらに登り850mへ上がりまた下って40m登り856mへ出る。このころには体力も限界近くなり自転車を放り投げたくなる。アカガシやヒメシャラの巨木を探し眺め楽しむことなど別世界の事、まるで苦行に嘆くできそこないの修験者のごとくである。できそこないは「いつまで続くのだー!」「又登りかー!」とボヤキにぼやく。

          IMGP7940.jpg

          IMGP7944.jpg

           

          856mからさらに110m下り最後の100mの登りは一歩一歩が本当につらくトボトボと泣きなきが這い上がった。16時20分やっと832mのピークに着く、ここが杖立三角点!だった。なんだ!これは!地図で確認すると832mの春分峠すぐ上のピークである。

          IMGP7946.jpg

           

          杖立三角点から25分も下ると春分峠に着いた。16時45分着である。頂上から4時間40分、間違い尾根でかかった時間45分を差し引くとリーダーの計画どおり4時間ぴったりで下ってきた。しかし思いの外、遠く長い尾根だった。言っても仕方ないがこれは自転車の重さと登り降りの多い尾根のせいである。もう二度と3時間を超える自転車担ぎは嫌だ!「分際を知れ!分をわきまえろ!」と誰かが頭の中で叫んでいる。

          IMGP7948.jpg

           

          16時55分春分峠を332号線を松葉川温泉へと下る。

          IMGP7950.jpg

           

          手首に堪える砂利道を20分程下り後はアスファルトの道を快適なダウンヒルで15時35分松葉川温泉に着いた。チェックインをしてまずは缶ビールその後一風呂浴びて夕食、生ビールに冷酒を頼み和会席に堪能していると、目の前のリーダーの食が進まない。「どうしたの?」と聞くと疲れすぎて食欲がないとの事だ。山ではがんばって登りも平気の様子だったのだが。

          P2237758.jpg

           

          24日朝、朝食を全てたいらげご飯も茶碗三杯を完食してすっかり元気になったリーダーと温泉前で記念写真を撮り、尋ねて来てくれた地元のN平君の案内でバイカオウレンを見学しようと9時20分松葉川温泉を出発した。

          P2247761.jpg

           

          日野地川にそって下って行く、梅ももうすぐ満開だ。

          IMGP7952.jpg

           

          シコクバイカオウレンの群生地に到着。

          P2247765.jpg

          P2247767.jpg

          P2247771.jpg

          IMGP7954.jpg

           

          渡川と合流して米奥へ戻るN平君と別れ、四万十川を遡り19号線を大野見庁舎へ向かう。

          P2247781.jpg

          IMGP7959.jpg

           

          10時35分大野見に着き橋の上から鈴ヶ森を探すがここからは見えないようだ。行きの島ノ川川に沿って登って行く道でも頂上は見えなかったし帰りの稜線からも木が邪魔で頂は見えなかった。松葉川温泉が頂上から見えたので温泉から探してみたが、これだと確信できる山は見つからなかった。なかなか姿をあらわさない鈴ヶ森、天狗高原からの写真はあるのだが、地元周辺からの写真は見たことが無い。

          P2247783.jpg

           

          自転車を積み11時に役場駐車場を後にした。

          IMGP7966.jpg

          今回の自転車登山はかなり厳しかった。私のペースは自転車を担いだり押したりの登山では300mの高度差を稼ぐに1時間30分かかる。1時間当たりでは高差200mで年々遅くなっている。

          くたびれて帰る車内では、次の送別チャリツアーの計画が話し合われた。懲りない面々である。しかし振り返れば辛かった尾根も眺めの悪い頂上も、間違って下った尾根の苦しい登り返しも全て楽しい思い出に変化しはじめている。

          「終わりよければすべて良し!」なのだが、「分際をわきまえよ!」と天が言っている。


          大津の河津桜

          0

            2019年2月25日

            3年前の2月25日は大津の河津桜が満開だったので出かけてみた。桜咲く堤防は日射しも風も春だった。

            P2257728.jpg

            P2257731.jpg

            P2257739.jpg

            P2257740.jpg

            ソメイヨシノは3月22日の開花予想、その後はアケボノツツジからシャクナゲ.シロヤシオと続く花見登山が楽しみである。


            サッカー観戦

            0

              2019年2月17日竜馬マラソンの日、日高総合運動公園ではサニーアクシス杯が開催されていた。紅白の梅が満開となり足元の菜の花も咲き誇っている。

              P2177732.jpg

              P2177733.jpg

              P2177736.jpg

               

              グランドに出ると、時折吹く北からの風は冬の寒さを運んでくるが、輝く太陽は子供たちの顔を黒く焼くほどである。

              P2177737.jpg

               

              試合は10時から始まった。

              P2177729.jpg

               

              先の二試合は右ウイングをやらせてもらっていたが、締めはヤッパリキーパーだった。

              P2177758.jpg

              エストレーラスは三試合すべてに勝利した。上手な子もこれから上手くなる選手も大いに楽しんでいた大会だった。

               


              夏油スキー場

              0

                2019年2月6日〜8日

                6日7時45分ANAボンバルディアDHC-Q400に乗り高知空港を飛び立つ、伊丹空港へ8時30分に着き1時間55分の待ち時間で10時25分にJALエンブラエル170で花巻へ向かった。伊丹空港のANAからJAL.JALからANAへの連絡通路には「→JAL」とか「→ANA」とかの標識は一切ない。航空会社の意地の張り合いか、顧客無視の姿を垣間見ることができる。改善してほしいものだ。

                新潟上空から花巻空港へ下降し始めると左手に鳥海山の大きな姿が現われる。

                P2067723-1.jpg

                 

                夏油スキー場を左に見て高知から4時間、11時45分に花巻空港に着いた。

                P2067725.jpg

                 

                さっそく夏油スキー場へ出かけた。第一ゴンドラから遠くに岩手山が見える。

                P2067728.jpg

                 

                今回は運悪く7日は雨で8日は強風となってゴンドラは動かず。ツリーランを楽しむことができなかった。

                P2087778.jpg

                 

                強風の中シールを付けて山歩きを楽しみ、新雪に被われた非圧雪バーンをなんども滑り下りた。

                P2087790.jpg

                P2087794.jpg

                横浜の兄と福岡.岩手.高知の友人と、悪天候だったが三日間のおだやかなスキーツアーを楽しませてもらった。



                calendar

                S M T W T F S
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << October 2019 >>

                メールはこちら!

                メールはこちらからお願いします。
                メールを送る

                弊社ホームページはこちら!

                株式会社ムラタホームページ

                selected entries

                categories

                archives

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM