八京の一本桜

0

    2020年3月22日、一昨日に続き笠ノ川に沿って八京へ向かう。

     

    八京から林道を20分漕ぎ上がって上八京の一本桜に着く。

     

    眼下には下八京

     

    昨年一昨年は3月24日今年は22日と3年続けてやってきた。仲間から「後なん年来れるロウねぇ?」と冗談めいた言葉が出る。

     

    帰りに岡豊城跡により昼食をとる。郷土歴史資料館はコロナウイルスの影響で閉鎖されていて、警備員達は暇をもて余していた。

     

    二人と大津で別れ、高須浄化センターで再開されたエストレーラスの練習を見物した。

    新型コロナウイルス感染拡大で世界中が混乱している。何もかも縮小.中止.延期となり経済もどうなるかわからない不安定な状況だ。再開されたサッカー練習で子どもたちは元気いっぱいだった。早く元どうりになってくれと祈るばかりである。

     


    上八京の一本桜

    0

      2020年3月20日、前々日に「ネットで見ると一本桜はまだ咲いてないようだ。」と仲間から連絡があった。ただこの日しか休めないI社長との約束があったので、花はなくても良いとの了解を取り9時に大津を出る。このコースは自転車登山初心者のIさんには丁度良いはずだ。

      下八京まで来て見上げると、一本桜は咲いているようすだ。

       

      林道を漕ぎ上がって10時10分に着く、一本桜は準満開でで周辺の桜は八分から三分咲きである。

       

      南が開けて高知空港から太平洋が見える。

       

      オンツツジも艶やかに咲いていた。

      快晴無風、のんびりと花々を眺めて過ごし、11時少し前に一本桜を後にした。


      工石山と中止の日曜市

      0

        2020年3月8日、1月2月も登りは下着と登山シャツ2枚か上にウインドブレーカーを着るくらいだったが、今朝の風が唸る工石山は薄手のセーターを加えてウインドブレーカーを羽織った。

         

        10時に出発して11時10分に頂上に着く、寒いのですぐ下山にかかった。

         

        頂上のアケボノツツジやミツバツツジが芽吹いていた。

         

        昼から大手筋はどんな様子なのだろうと自転車を走らせてみた。閑散としたグリーンロード、台風でも大雨でも出店していた日曜市が新型コロナウイルスで中止になった。

         

        高知城は閉鎖されていて観光客がいない、聞くところによると3月6日〜19日まで閉館だとのこと。

        道路北側の校舎に祝.バトミントン.卓球.囲碁選抜出場の垂れ幕が下がっていたが、これも新型コロナウイルスで競技が中止とか延期になったようだ。早期の終息を祈る。


        城(ジョウ)から工石山

        0

          2020年3月1日、高知市に新型コロナウイルスに感染されてしまった方がでた。学校が休校になりコンサートや公演など多くが中止となっている。登山の世界でも集団で行く例会山行の中止案内があった。人が集まる行為は控え、人が集まる場所には行かないとの事だがどうなるのでしょうか?そんなことなので人が少ない場所にと、妻と城540mから工石山へ登りにやってきた。県道16号線の城部落入口近くに車を止め、9時20分に出発した。歩き始めてすこし寄り道をして9時30分に城の部落を通過、10時に上の林道に出る。林道には猪の檻が仕掛けられていた。

           

           林道から遠くに妙体岩が見えている。

           

          南面の山腹を巻きながら徐々に高度を上げて行く登山道を進み10時30分に山小屋へ着く、小屋横で少し休憩してふるさと林道を辿って妙体岩からの登山道に入る。

           

          ヤブツバキと妙体岩

           

          11時40分妙体岩登り口から約45分で頂上につく。天気はあまり良くないが周りの景色はそこそこ楽しめた。

          12時に頂上を出て13時30分城へ下山、今日も誰にも会わない工石山だった。

           

          新型コロナウイルスに尾ひれがついて世の中おかしくなってきている。「ウイルスに負けない元気な体ならばあまり心配ないのでは?」などと気軽なことを言えない世の中。肺癌切除の呼吸器障害者でリュウマチで免疫抑制剤を常用して加えるに高血圧で血圧の薬を飲み続け、高齢者に分類されているシニア登山者の私、新型コロナウイルスに感染すると重症化する可能性が高いそうだ。

          さらに新型コロナウイルスは生活環境や仕事の環境にも影響を与え、不安要素を増殖させている。

          不安と心配に焦りさえ覚えるが、身体の事や仕事のこと全てベストを尽くして天命を待つしかない。

           

          山はこれからミツバツツジやアケボノツツジ.タムシバなどの花が咲き、イタドリやワサビ.ウドなどの山菜が楽しい季節だ。しばらく穏やかな春山へかようことにしよう。

           

          自然の贈り物を少し摘んで漬けてみた。

           


          烏帽子山から鷲尾山

          0

            2020年2月23日、午前中はふれあい広場三里でエストレーラスU9の練習試合を観戦した。 

             

            観戦ばかりでは運動不足になるので、昼から烏帽子山から鷲尾山のハイキングに行くことにした。

            おおなろ園の登山口を14時15分に出発する。

             

            尾根に出ると南の視界がひらけ、春野から横波半島が望めた。

             

            南面すぐ近くに車道があるが、山道を進む。

             

            鉄塔脇を通り14時45分烏帽子山頂上に着く。

             

            烏帽子山頂上から30分で鷲尾山山頂に到着、一口水を飲んで折り返し烏帽子山へ引き返す。

             

            16時烏帽子山を通過、16時15分に駐車場に着いた。

            一昨日久ぶりに雪が降ったので、明日はスキーに行こうと思ったが、一人で行くのも億劫なので横内での孫の試合を観戦に行くことにした。徐々にハイキングとサッカー観戦が増えてきた。


            サニーアクシス杯 U9

            0

              2020年2月15日、日高村総合運動公園で行われるサニーアクシス杯へ孫を連れてやってきた。

               

              公園から国道33号線を挟んで、先週登った清宝山が見える。

               

              エストレーラスU9はA.B2チームで参加。

               

              A.Bチームとも3連勝で、みんな笑顔だ。

              皆が懸命に頑張る姿は微笑ましく楽しく観戦をさせてもらっている。

              来週は23.24日と練習試合が予定されている。

               


              清宝山

              0

                2020年2月9日バオカオウレンが咲く清宝山へ行く。8時に自宅を出て8時45分に伊野の待ち合わせ場所で宗ちゃんと合流、9時に出発して33号線をたどり途中の日下駅手前で線路南の農道に入り岡花駅にぬける。県道297号線の加茂の里手前で北へ線路を渡り、急な坂を自転車を押し上げて9時55分にバイカオウレンが咲く群生地についた。

                 

                15分ほど鑑賞して群生地奥の車道へ向かう。

                 

                途中のビューポイントから中津明神山を眺める。

                中津明神〜猿越山〜雑誌山この春自転車登山で縦走する予定だ。

                 

                11時10分357.3mの頂上へ着く。

                 

                頂上の北側にはグリーンフィールゴルフ倶楽部があり、風にのって話し声が聞こえてくる。

                 

                南には日高村総合運動公園が眼下に見える。孫のサッカー大会で来週来る予定だ。

                 

                頂上を11時50分に出発して少し下った所の分岐を右に折れて四ツ白の部落へと登る。12時15分に部落に着き、そこから県道299号線に入り仏峠を越えて仁淀川に出た。

                 

                12時40分、影地から北に四国山地の東黒森山あたりの稜線が見える。

                13時35分伊野で宗ちゃんと別れて孫のサッカー見物に高須浄化センターに向かう。14時30分センター着、30分ほど練習を見て自宅へ帰った。走行距離約65Km高度差合計400mで6時間30分だった。この程度が分際になってきた。

                クライミングは5.10bがベストで5.10aがなんとか登れ楽しめるのは5.8あたりである。登山は冬春の積雪期は卒業で、夏秋のバリエーションルートも卒業した。ハイキング程度の山が安全に楽しめる限界になってきた。

                 



                calendar

                S M T W T F S
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                27282930   
                << September 2020 >>

                メールはこちら!

                メールはこちらからお願いします。
                メールを送る

                弊社ホームページはこちら!

                株式会社ムラタホームページ

                selected entries

                categories

                archives

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM